認知症を持ちながら伏見で生きる

昨年のことになりましたが、
伏見連続講座を本学で開催いたしました。

11月5日(土)、秋らしい穏やかな午後、
京都市向島地域包括支援センターのご協力をえて、
本学で長年事務長を務めておられた杉野文篤さんと
奥様の由美子さんをお迎えし、
認知症と認知症患者の生活について理解を深めました。
本講座は前半・後半に分かれてお話をうかがいましたが、
各会とも大変分かりやすいお話であり、
もしかしたら、今までは隠しがちだったかもしれないことまで
率直に語っていただいたことで、
認知症の方の生活や感じていることなどをリアルに受け留めることができました。
何よりも、私は杉野さんご夫婦の前向きな姿に感銘を受けました。
本ブログでは講座の様子を2回に分けてご報告します。


ゲストスピーカーと学生たち。登壇者の向かって右から4番目と3番目に杉野さんご夫妻

当日の運営・進行は、真柄先生とそのゼミ生である
社会福祉学科の学生が一切を引き受けさせていただきました。
学生たちの進行と聞いて、私など職員はドキドキでしたが(失礼!)、
学生同士が協力しあい、無事に終えることができました。
学生たちにとっても、この日のできごとは自信につながったのではないでしょうか。


学生たちの自己紹介。一人ずつ杉野さんへ質問していく

まず前半は、京都市向島地域包括支援センター長の西川麻貴さんから、
認知症とは何かを教わりました。

西川麻貴センター長。毎日お年寄りとそのご家族に接しておられます

ご承知のとおり、認知症にはさまざまなケースがあり、
また、どうして発症するのか未だ解明されていない病のひとつです。
ただ、西川さんによると、予防法が少しずつわかってきたとのこと。
できることなら認知症になりたくないと思う人がほとんどのはず。
それには、特別な健康法など必要ありません。

・規則正しい生活を送ること(食生活をはじめとして、私にはなかなか難しいデス。)

・散歩をすること(「ウォーキング」なんていう義務にしなくてよいのです。季節を感じながら歩くこと、身体を動かすことがポイントなのだそう。)

以上のようなことが予防につながるそうです。
特別なことをするわけではなく、どちらも暮らしの中で自然なかたちで実践できることではないでしょうか。これを知って少しほっとしたというか、ぜひ日々の生活の中で心がけたいなと思っています。

西川さん、ありがとうございます!

a.k

センター試験利用入試Aは奨学金のチャンス

昨日センター試験が無事終了しました。
受験生のみなさん、お疲れ様でした。

ニュースでご存じの通り京都は大雪。両日とも朝から大雪警報で受験生もスタッフもたどり着けるのかと恐々でしたが、無事大きな問題も無く終了することができました。

さて、タイトルにもあるとおり種智院大学のセンター試験利用入試は、成績優秀者に入学後、奨学金を給付します。

第1種 72万円(年間授業料相当分)
第2種 36万円(半期授業料相当分)
第3種 20万円(入学金相当分)

これらの奨学金は返還する必要はありません。
もちろん、日本学生支援機構の奨学金もあわせて利用することができます。

また、本学独自の試験はありませんので、遠方のかたにも利用しやすい入試になっています。
詳しくは下記リンク先から確認してください。

センター試験利用入試

明けましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
いつもシュチログをご覧いただきありがとうございます。
皆様にとって、この新しい年が実り多き年でありますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

種智院大学学生仏画展のご案内

クリスマスも終わり、町は正月ムード一色かと思いきや、コンビニでは節分恵方巻きの宣伝が始まっています。
入試スタッフは来年の大学案内(2018年入学者用)の作成も始めているので、時期が行ったり来たりで、書き損じも多く眉間にしわが寄ってしまいます。

朗らかな顔で正月を迎えたいものです。

さて来年3月、種智院大学では大きなイベントを二つ開催します。
一つは声明公演。これは次回ご案内します。

もう一つはタイトルにある学生仏画展です。
種智院大学には仏画、密教画の講義があり仏さまの姿を実際に描くことができます。
この仏画展では、学生が講義内で描き上げた物や卒業生たちの作品を一同に約100点展示します。

仏画展と併せて、講演会、写仏体験コーナー、奉納太鼓の披露なども行います。

期間は3月11日(土)~13日(月)
一部有料ですが、展覧会は無料で拝観できます。

体験コーナーでは、平成29年の守り本尊「不動明王」の塗り絵体験ができます。


仏様ですが、
『God is in the details(神は細部に宿る)』です。
細部までじっくり見ていただくことで、みなさんのこころのなかに仏様が宿るかもしれません。

詳細は大学ウェブサイトからご確認ください。

種智院大学学生仏画展

サニー綜藝祭!

何年ぶりでしょうか。もう思い出はすべて雨。撮る写真は傘、カッパ、傘。
おおよそ10年ぶりに晴れた綜藝祭。
161106shugei_103161106shugei_091
161106shugei_130161106shugei_127
161106shugei_081161106shugei_109

161106shugei_125161106shugei_105
雨が降らないというだけで身も軽い(^^)

161106shugei_007
オープニングは、昨年同様お隣の京都すばる高校吹奏楽部の皆さんにお願いしました。
161106shugei_067
表現豊かな演奏で綜藝祭にグンと弾みをつけていただきました。

161106shugei_180

今年の目玉は京都発のアイドル「purpure☆」さんのライブ。
本番前からSNSでささやかれ始め当日も多くのファンが詰めかけました。

161106shugei_194161106shugei_216
161106shugei_218161106shugei_197
ファンたちのいわゆる「おた芸」に、学生たちも最初はたじたじでしたが、リーダー格の方がどんどん周りを巻き込みステージ前は異様な熱気に盛り上がりました。

161106shugei_189161106shugei_249

161106shugei_177161106shugei_178

161106shugei_251
異様でした。

161106shugei_287161106shugei_288
ゲストに来ていただいたみなさんありがとうございました(^^)

後半はおなじみになりつつある「オネぇバトル」です。
161106shugei_304
いつも頭を丸めている仏教学科の学生たちの年に一度の晴れ舞台です。
161106shugei_301161106shugei_300
思い思いの衣装とカツラ、女子学生によるメイクを経て彼らは蝶になります。
161106shugei_349

161106shugei_370
昨年と比べて下品さが少なかったのは事務員としてホッとしているところです。

161106shugei_402161106shugei_378
なにはともあれ、学生たちのお祭り。今年も楽しませてもらいました。
スタッフの皆さんお疲れ様でした。
ゲストの皆さん、来場いただいた皆さんありがとうございました。
(^^)/

食欲の秋、読書の秋、出会いの秋

こんにちは。入試担当のOです。

ずいぶん時間が経ってしまいましたが、「ランチdeミート」のご報告です(^^;)

昨年初めて開催し好評だったランチdeミートを今年も開催しました。
これは、本学への受験を考えている受験生を招いて本学自慢の学生食堂でランチを楽しみながら受験や入学後の不安やわからないことを在学生や先生に直接聞いてみようと言う企画です。

社会人になっても美味しいご飯を食べながらだと会話が弾みます♪
今回も仏教学科、社会福祉学科を目指す高校生が参加してくれました。

161103ldm_020161103ldm_015

仏教学科からは学科長の左右田教授、社会福祉学科からは近棟准教授、そして在学生がおもてなし。
参加した生徒さんは大学での学びや資格取得に向けた勉強方法などを聞いていました。

161103ldm_017

ランチの後はそれぞれキャンパス見学へ。

161103ldm_023

仏教学科志望の生徒さんと一緒に左右田教授の研究室へ。左右田教授の研究室は足の踏み場もないほど本であふれています。4~5年前から増減がわからない域に達しました。
読書好きの生徒さんは少し興奮気味。ここで私も含めて本屋談義に。京都でも数店展開している本屋さんが実は生徒さんの地元に本店があるそうで、取り扱っている本の数はすごいらしいです。
京都の店舗でも選書がよく、面白い本を見つけられる本屋さんです。

大学生になるとどれだけ本を読み込んできたかが大切になります。たくさんの人の考え方を知り、自身が考えるときの糧にすることで問題解決に取り組むことができます。
それも自分が専攻する分野の本だけではなく、趣味や好奇心の赴くまま本を読むとより考える力やものごとを見る力を養うことができます。
左右田教授ほどじゃなくてもいいので、たくさんの本を読んでほしいものです。

161103ldm_008
昨年に引き続きランチdeミートでは、新しい人に出会うことができました。
オープンキャンパスとはひと味違う、少しラフな感じは種智院大学の雰囲気を一番よくわかってもらえるイベントかもしれません。

参加してくれた生徒さん、ありがとうございました。
キャンパス見学はいつでも受け付けています。
本学のウェブサイトお問合せフォームからお申込みください。

ではでは、つづいて綜藝祭の報告に取りかかりたいと思います。
また!

161103ldm_006

キャンパス見学の申し込み
仏教学科
社会福祉学科

祭りだ!祭りだ!祭りだ!

先日、本学がある伏見区向島のニュータウンで地域のお祭り「秋の祭典」が行われました。
毎年このお祭りには軽音部の学生と、ソーシャルワーク研究会の学生が参加しています。

ここ数年は本学の入試日と重なり、私たち入試スタッフはいつも午後からのぞきにいっています。
私たちが到着する頃は露店はすべて売り切れいつもお腹をすかしています(T T)
ま、途中のチロルでパンを買えばいいだけなんですけどね。いい加減学習しないと。

ちなみにこのチロル、かつて剛の者といわれた女子学生が、下宿先への帰り道に食パン一斤を買い囓り囓り帰ったくらい美味しいです。

h28%ef%bd%a510%ef%bd%a523%e5%90%91%e5%b3%b6nt%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%a5%ad%e5%85%b8-37-001h28%ef%bd%a510%ef%bd%a523%e5%90%91%e5%b3%b6nt%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%a5%ad%e5%85%b8-3-001 
秋の祭典、昨年は夕方にジブリメドレーを演奏し会場全体に黄昏を感じさせた軽音部は、午前中の出演だったため見ることができなかったのですが、美声を響かせたそうです。

h28%ef%bd%a510%ef%bd%a523%e5%90%91%e5%b3%b6nt%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%a5%ad%e5%85%b8-12-001h28%ef%bd%a510%ef%bd%a523%e5%90%91%e5%b3%b6nt%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%a5%ad%e5%85%b8-11-001
ソーシャルワーク研究会は、福祉よろず相談コーナーを設置し、来場者からの相談対応やまどろみの場所を提供していました。

h28%ef%bd%a510%ef%bd%a523%e5%90%91%e5%b3%b6nt%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%a5%ad%e5%85%b8-7-001h28%ef%bd%a510%ef%bd%a523%e5%90%91%e5%b3%b6nt%e7%a7%8b%e3%81%ae%e7%a5%ad%e5%85%b8-4-001

さてそんなこんなで秋のお祭りシーズン真っ最中。種智院大学では11月6日(日)に綜藝祭を開催します。
種智院大学の綜藝祭は基本的に雨。もれなく雨。卒業生たちに綜藝祭の思いでは?と尋ねれば「雨ですね」と答えるくらい雨です。前日晴れても雨なんです。
こうなると開き直るしかないので、みなさんポンチョや傘の用意をしてきてください。

今年のゲストは京都発のアイドル「purpure☆」さんたちがやってきます。
彼女たちが晴れ女であることを密かに願いつつ皆様のお越しをお待ちしています!!

綜藝祭の詳細はこちらから
第32回綜藝祭

桑原征平客員教授の爆笑トーク会

え~、ブログから大変遠ざかっておりました。
すみません。

今年度の前半のできごとになりますが、
元関西テレビのアナウンサーで
「命知らずのアナウンサー」として知られる
桑原征平本学客員教授による
講演会を開催しましたので、ご紹介します。

20161022115239
桑原征平 種智院大学客員教授

桑原先生は、昨年から本学の客員教授に就任。
学生へ「話し方講座」をレクチャーしてくださっています。

7月に綜藝種智院教育後援会総会記念講演会として
桑原先生をお招きしお話しいただきました。

「人生はチャレンジだ!」と題したお話では、
先生のアナウンサー時代のエピソードをたくさん披露していただきました。

先生は標準語で語らない京都弁のアナウンサー。
そのエネルギッシュで面白いお話に、会場は笑いで包まれました。

20161022115213
種智院大学 講義室204にて

桑原先生、ありがとうございました!!!

a.k

社会福祉学科の現場実習レポート

先日、社会福祉士の資格取得に向けて実習中の学生Oさんを取材してきました。

160916_015-001

この施設は障害を持つ方へ生活介護や就労支援を行っている施設で、副園長のYさんは本学の卒業生です。6月のオープンキャンパスでもOBとして福祉のお話をしていただきました。

img_1200 oc160612_038
6月オープンキャンパスで実習予定のOさんと話をするYさん。

学生は約1ヶ月現場で「福祉」がどのように実践されているかを体験します。

160916_021-001160916_025-001
利用者さんや職員の方と交流するOさん

具体的には利用者やその関係者との人間関係や援助関係の形成、介護士や作業療法士など他の職種との連携、施設の経営や管理運営の実際など普段の講義で学んだことが現場でどう運用されているかを確認します。

160916_026-001
利用者さんの不得意な作業もアイデアグッズを作りフォローします。

160916_005-001
Oさんのメモ。利用者さん個別のメモや自分の意気込みを書き込んでいます。

Oさんは、実習も半分を過ぎ施設にも慣れ利用者とのコミュニケーションも円滑に進んでいました。
また、実習終了後、施設の旅行に引率ボランティアで参加したり、秋のお祭りにも参加するそうです。

毎年学生たちはこの実習を経験することで「いい顔」になって帰ってきます。
教室だけではなく、実際の現場に主体的に入ることで見つかる「気づき」がたくさんあるんだと思います。

今後学生は講義内でそれぞれの施設で体験したこと、目標達成度などを報告し合います。
さらに、4年生からは、国家試験に向けての試験勉強と卒業論文の制作にも本格的に取り組みます。

9月4日は今年最後のオープンキャンパス!

なつのおわり

そんな気配のする今日この頃、みなさんこんにちは!
8月も残すところ1週間。夏休みなんてあっという間ですね。
高校生は部活や体育祭、文化祭の準備で「休み」という実感はあまりないかもしれませんね。
種智院大学の学生たちも今は夏休み。それぞれアルバイトや旅行に勤しんでいることでしょう。卒業を控えた(または賭けた)4年次生たちは卒業論文の制作や就職活動、国家試験の受験勉強とこれはこれで勤しんでいることでしょう。または切羽詰まっているところでしょう。

さて、そんな種智院大学。タイトル通り9月4日は今年最後のオープンキャンパス・デイです!
入試の形態もさまざま。AO入試、自己推薦入試、一般入試での出願時や入試時に必要なものや手続などなど分からないことがあれば何でも聞いてください。
当日の試験対策はできても、その他のところでついうっかりということもありますのでね。
ちなみに私は大学受験の時、地図を持って行かず帰り道で迷ってしまいました。。
まだスマホなんて無い時代です。

さて、これまでのオープンキャンパスを振り返ってイベントやコーナーをご紹介します!

IMG_7610IMG_7613

160807oc_005IMG_7619
まずは受付をすませてアイスブレイクです。
参加者の皆さんも学生スタッフも初対面で緊張しています。福祉ならではのミニゲームを通して緊張を解きほぐします。
緊張したまま入試の説明を聞いても頭に入りませんもんね。

160429_021160807oc_013

oc160612_021oc160612_026
続いて在学生によるキャンパスツアー。
志望する学科の在学生が大学内をご案内します。彼らが普段使っている教室やサークルの部室などなど皆さんの2年後3年後の姿を想像できるんじゃないでしょうか。

IMG_7626
こちらは食堂。
地域で収穫された野菜をふんだんに使ったランチは学生にも地元の人にも人気です。

次はいよいよ学科別のガイダンスや体験コーナーです。
まずは社会福祉学科の模擬授業です。

160429_033160429_056

4月は福祉に興味を持つ高校生に向けて福祉分野と仕事をする上での心構え、考え方などを近棟准教授と真柄講師で紹介しました。

oc160612_036IMG_1200
6月は福祉施設で働く卒業生を招き、大学入学から卒業まで、卒業後に感じた福祉現場と大学の学びについてお話ししていただきました。
障害者支援施設や児童養護施設、高齢者介護施設で働く卒業生たちから、これから大学で福祉を学ぼうとする参加者に向けて熱いメッセージをいただきました。

IMG_1401IMG_7620
8月は福祉のユニバと題して、私たちの生活の中に溶け込みまた生活を支える福祉をゲームやユニバーサルデザインの商品を使いながら体を使って福祉を学びました。

IMG_7625
こちらは仏教学科のガイダンスと体験コーナー
入試について個別相談も行っています。学科の教員が入試や大学での学びを紹介します。
「こんなこと学びたい」「あんなことできるの?」を教員に直接聞けますね。

160807oc_018oc160612_069
仏画や梵字、密教瞑想など本学でしか体験できないスペシャルなコーナーです。
座学だけではなく体を使う実践も大切にする真言密教の片鱗を味わうことができます。

IMG_1189
9月4日は個別相談コーナーもあります。
入試直前、分からないことはココで解決しておきましょう。
駐車場も有り!保護者や友達との参加も歓迎です。

○オープンキャンパス
9月4日(日)
受 付  10:30~
スタート 11:00

予約不要・駐車場有り・家族友人との参加も歓迎

オープンキャンパス 詳細
大学までのアクセス
資料請求