南山城のお寺 海住山寺へ行ってきました

いきなり、「さて、」で始めますが、
9月27日付シュチログで語りましたが、
京都府南部の海住山寺へ行ったときのことを綴ろうと思います。
先月、笠置町の笠置寺にお参りしたあとに、加茂町にある海住山寺(かいじゅうせんじ)に向かったのです。
このお寺も笠置寺と同様、真言宗智山派に属し、山の中に位置しています。
田んぼを車でくぐり抜けて登って行きましたが、道は大変細かったです。運転者は私ではありません。自分の運転だったら多分たどり着けなかっただろうな、と。
ちょうどこの時期は稲刈りの前の美しい田んぼが広がっていて、
まだ日差しもきつかったので、稲穂がキラキラしていてとてもきれいでした。
私が日本で大好きな風景のひとつです。
P1130976-001.JPG
海住山寺本堂
海住山寺の詳しい様子や説明は、数あるガイドブックやブログ等に譲ることとしますが、
こちらで私がぜひ見たかったのは、やはり五重塔!
これを実際に目にすることができ、感激でした。国宝です。
P1130975-001.JPG
海住山寺五重塔
このお寺の創建は天平7年(735年)ということですが、その後火災で焼失してしまい、鎌倉時代に再建されました。このときに「海住山寺」と名付けられました。
ここまで山を登ってくると、本当に静かで、落ち着いて参拝することができました。
笠置寺等もそうですが、南山城のお寺は京都市内のそれとは違い、公共交通機関でお参りするにはちょっと多めに移動時間が必要です。でも、私はそのような少しの不便さが気に入っています。そのおかげで、お寺と、仏像と、そして眼下の景色と自分とがゆったり向き合える場所だと思っています。
P1130978-001.JPG      
こちらへも、今後学生たちと古寺巡礼ツアーで訪れることができるかの下見となりました。
いつか実現できたらうれしいなと思います。         a.k
P1130983-001.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA