オープンキャンパスを実施しましたよ!

先日行われたオープンキャンパスを写真でご紹介。
雨が降るかな~降らないかな~の曇天で始まったオープンキャンパス。

10時30分の受付に合わせて京都を中心にあちこちの地域から沢山の方が参加されました。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。わからないことがあればいつでも本学に質問してくださいね。


18060oc_015.jpg" 
オープニングでは、参加者と学生スタッフがグループに分かれてアイスブレイクです。
緊張しているとお話が耳に入ってきませんし、じっくり観察することもできませんよね。
みんなで知恵を出し合い緊張をほぐしていきます。


18060oc_015.jpg" 18060oc_015.jpg"

キャンパスツアーでは、今年着任された西弥生先生の研究室を見学させていただきました。
大学の先生は学生に講義をする「教育」と自身が進める「研究」をしています。先生たちの研究室には専門分野の本、資料などがみっちり詰まっています。
西先生は4月に来られたばかりなので、まだ本棚はきれいですが、隣のお部屋の左右田先生の研究室は本に埋もれています(^^)
先生ごとの個室なので性格が現れています。。キャンパス見学の際はそのへんも楽しんでください。

18060oc_015.jpg"
ツアー後は学食体験です。
本学の学食は地域の農家から直接お野菜を仕入れている地産地消。
新鮮な野菜で作られるランチはご近所でも評判で、普段は地域の方たちや近くの学校の先生たちも食べに来られます。

18060oc_015.jpg" 18060oc_015.jpg"

お昼からは志望分野に分かれて学科ガイダンスと模擬授業の体験です。
社会福祉学科では「フクシのナカミ~社会福祉士のナカミ~」と題して、なかなか高校生には馴染みのない社会福祉士がどんな目的を持って利用者と関わっているのか、どんな仕事をしているのかを近棟先生、正井先生たちとグループワークをしながら理解していきました。
次回8月5日のオープンキャンパスでは「仕事のナカミ」をテーマに福祉施設で働く卒業生を招き福祉現場での働き方などをお話していただきます。
高校生のみなさんが5年後、6年後の自分をイメージできる公開授業です。


18060oc_015.jpg" 18060oc_015.jpg"

仏教学科では学科ガイダンス後、人気講義の体験を行いました。
真言宗に伝わる梵字、仏画や密教瞑想を専門の先生から直接教わります。
この3つが一日で体験できるのは本学ならでは。
仏教や密教に興味のある方はぜひ!


次回の開催は8月5日(日)です。
受付は10時30分から。予約不要、お車での来場も可能です。
わからないことがあれば、お問い合わせフォームからご連絡ください。

18060oc_015.jpg"
ではでは、皆様のお越しをお待ちしてま~す(^^)/

お問い合わせフォーム
オープンキャンパス詳細

6/10はオープンキャンパスですよ~(^^)/



先日、学内に迷い込んだ亀を助けたので、恩返しを待ち続けている入試担当です。
あれから3日。音沙汰無しです。

相方の入試スタッフからは「外来種なので文化が違うんじゃないですか。」とにべもないことを言われました。


oc170806_001.JPG

さて、夏日の続く京都。6月10日開催のオープンキャンパスが近づいてきました。
大きな大学と比べると本学のオープンキャンパスは賑わいやイベントの規模では見劣りするでしょう。
でもですね、本学のオープンキャンパスは参加された方達にしっかり個別対応できるところがすごいんです。
私が高校生の頃に行ったオープンキャンパスでは大学の規模が大きすぎてキャンパスの外観はわかっても、ここでどんなことを学ぶのか、自分はどんな学生生活を送るのかがさっぱりわかりませんでした。もともと控えめな生活なので、積極的にスタッフを捕まえて質問することもできませんでした。

その点、本学では参加された人たちと学生スタッフ、教職員が公開授業や学食体験の中でコミュニケーションをとる機会をたくさん用意しています。
毎年、参加者は最初は緊張していても、いろいろな体験をしていく中で、お互い冗談を交えながら笑顔でお話しする事ができています。
本学の学生スタッフはお話し好きが多いので、何でも聞いてみてくださいね。

昨年の様子です。
oc170806_001.JPG 

  

  

オープンキャンパス詳細

2019年度入学者向けのキャンパスガイドが完成しました。

campusguide.jpg

いや~ようやく完成しましたよ。
新しいキャンパスガイド&入試要項。

なかなか良いんでないかい。と自画自賛の入試スタッフです。
今回は、本学社会福祉学科での学びで、3年次に行う配属実習で大きく成長した学生を巻頭鼎談で特集しています。

配属実習で現場に出て大きく成長するのは本学学生の特徴です。
今まで気づけなかったこと。わからなかったことが現場でカラダを動かすことで改めて確認でき、新しい目標設定ができる。そこからの学習意欲、情報処理能力の伸びは目を見張るものがあります。


仏教学科リーフレットでは学生達のコメントや普段の写真を多く掲載し、難解なイメージの仏教学、密教学を学ぶ学生達が皆さんの延長線上にあることをイメージしやすく構成してみました。

資料請求は下記リンク先からご確認ください。
無料で送付いたします(^ ^)

まぁ、まずはご一読あれ。
 
 
資料請求フォーム
 
 

中学生に梵字講習を行ってきました!

ゴールデンウィーク終わってしまいましたね。。
ホントに終わってしまいましたね。

昨年末、長野県は南部にある松川中学校の先生からご連絡をいただき、京都への修学旅行の際に、体験学習の一環として児玉教授による梵字講習会ができないかとご連絡をいただきました。
実はこの先生、前任の中学校でも本学の梵字講習会や潮教授による声明(しょうみょう)の披露などを企画されました。今回も生徒さんに京都の仏教文化に直に触れてもらいたいとご連絡をいただきました。


生徒さんの宿泊先はなんと東寺内の洛南会館。真言宗に伝わる梵字を体験するにはおあつらえ向きの場所。これは空海さんが結んでくれたご縁だということで講習会を行ってきました。

1804019_006-001.jpg
松川中学校の先生手作りの練習用紙

事前にお手本をお送りし、生徒さん達は好きな梵字を選んで練習、当日は色紙に清書するという内容。

1804019_006-001.jpg 1804019_006-001.jpg

改めて児玉教授によるお手本書きに生徒さんからは「おぉ~!」「うまい!」「きれい!」と感歎の声が。
生徒さん達は練習してきただけあって、梵字の形をとることの難しさがわかっているようでした。

1804019_006-001.jpg 1804019_006-001.jpg

清書の前の練習では、スタッフとして同行した学生達から一人ひとりにコツを教えたり手本を見せたりしました。
清書した色紙は秋の文化祭で展示されるそうです。みなさん上手でしたよ^-^



1804019_006-001.jpg
1804019_006-001.jpg 1804019_006-001.jpg

梵字講習後に学生スタッフが法話を行いました。
テーマは「愛語」。相手への思いやりのある言葉は言ったひと、言われたひとの見る世界を変えてしまう力がある。という内容ですが、中学生を相手に仏教の難しい言葉をどう伝えるか苦心していました。

1804019_006-001.jpg

自身の中学生時代の思い出などを交えながら生徒さんの目線にあわせたわかりやすい法話で生徒さん達も楽しく聞いてくれました。

1804019_006-001.jpg 1804019_006-001.jpg

最後に生徒さんからとても澄んだ声の合唱と伊那地方の名物である水引をプレゼントしていただきました。

実は、このお話が決まった後に、別の中学校からも梵字講習会の依頼をいただき、翌週にもう一度洛南会館で梵字講習会を行ってきました。
同じく長野県にある永明中学校の生徒さん。こちらは練習期間がなかったので少し不安でしたが、みなさん興味をもって梵字に取り組んでくれました。

生徒さん達にとって梵字を書くというのは、一生のうち今回限りの体験かもしれません。それでもインドから中国に渡り空海さんが持ち帰った梵字が今回のようなご縁でたくさんの生徒さんに興味を持ってもらえたことは嬉しい限りです。

本学の講義に興味のある方は下記リンク先のメールフォームからご連絡ください。

お問い合わせメールフォーム

新学期スタート!

180402007.jpg 180402009.jpg

180404-05fb_h_023.JPG 180404-05fb_h_080.JPG

180404-05fb_h_094.JPG 180404-05fb_h_106.JPG

180404-05fb_h_130.JPG 180404-05fb_h_245.JPG

180404-05fb_h_254.JPG 180404-05fb_h_267.JPG

180404-05fb_h_352.JPG

180410_008.jpg


4月2日での入学宣誓式、オリエンテーション、フレッシュマンキャンプ、学生自治会主催のBBQ、、と怒濤の一週間が終わり、今週からは春学期の講義が始まっています。

大学では、学生自身が時間割を組み、卒業や資格取得に必要な講義の単位を取得していきます。
新入生の皆さんはどう登録していいかわからないかなと思います。
まずは、共通教育科目という項目の講義を登録するといいですよ。

あとは、シラバスを読んで興味のあるキーワードがある講義にブックマークをしておいてください。
自分が学びたい専門の講義以外も含めてです。どちらかというとそれ以外が多い方がいいです。

そのブックマークした講義を4年間でなるべく多く履修してください。
みなさんがこれから直面する問題を解決するためには少しでも多くの視点を獲得しておかないとたちうちできません。
柔軟にいわゆる常識を疑い、あらゆる可能性を考慮してその時、その場、その人に対して最適解を出すには少しでも多くの視点が必要です。所属学科の専門の講義だけではなく幅広く講義を履修すると、問題に直面したときが解決する力が身につきますよ。


さて、大学生の日常が始まりました。
まずはGWまでを目標に大学生活のリズムを身につけましょう。

わからないこと、不安なことがあれば事務室までお越しください。
なんでも相談のりますよ(~-~)

カレンダー
<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

入試情報

イベント・公開講座

関連サイト

種智院大学携帯サイト

カテゴリタグ
search this site.
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110